白髪防止の美髪サプリメントはコレ

ビオチンってご存知ですか??ビオチンとは、ビタミンBの一種。皮膚炎を予防するサプリメントです。皮膚だけでなく美しい髪に欠かせないコラーゲンの生成にもビオチンは一役買っています。ぴかぴか (新しい)

真の美しさは3H

これ私の持論なんですが、3HのHとは髪(hair)・肌・歯の事です。表面的なものを整えるのも大事ですが、この3つが綺麗な方は皆さんとても上品でお育ちが良く見えるのですハートたち (複数ハート)

DSC_0919

私は髪の毛が多く、凄く太いです。パーマをかけたり染めたりしたことがないのでとても健康な髪の毛です。でも33歳の誕生日に見つけてしまったんです・・・・。枝毛だって見たことなかったこのあたくしの頭に・・・「白髪」が一本生えてきたのです泣き顔

すぐにインターネットで調べて「白髪予防のサプリメント」を発見double exclamationそれがビオチンだったのです。髪の毛の美しさにも気をつかってこそ「三十路の美容」グッド (上向き矢印)

早速クリニックに行ってビオチンを処方していただきました。白髪予防のためにお願いしたのですが、こちらも保険適応だったのでとってもお安く手に入りました。クリニックによっては自費になることがあるので事前に問合せをしてみるといいかもしれません。ビオチンはアトピーの治療薬としても処方される事もあるようで「皮膚や髪を健やかに保つ」ための救世主なのですね。1日3回毎日飲んでいますが、その後白髪は発見されていませんわーい (嬉しい顔)

ビオチンのサプリメントは無味無臭の粉末です。癖がないので飲みやすいです。髪の毛のコラーゲン生成と言えば、ビオチンだけでなくコラーゲンランプマシンもオススメです黒ハート

ビオチン

関連記事

無理せず痩せる、授乳ダイエットのススメ

授乳を開始してからというもの兎に角お腹がすく毎日です。赤ちゃんに栄養分を取られているからなんだろうな

記事を読む

パナソニック 頭皮エステで自宅ヘッドスパを味わう

この夏にソーダ(炭酸)シャンプーを試していて頭皮がさっぱり・すっきりして気持ちが良いので、一緒に使え

記事を読む

女性の加齢臭対策! バラの香りのサプリメントを使ってみました。

加齢臭は男性だけのものではないって知っていましたか??女性も年齢を重ねると加齢臭が発生するそうですニ

記事を読む

女性の大敵、足のむくみを漢方で撃退!

女性ならではの悩み「浮腫(むくみ)」は辛いですよね。私は夕方になると足首がなくなります。朝履いたブー

記事を読む

放っておくと怖い、内反小趾(ないはんしょうし)の症状と対策

足の形を矯正する足指リングを装着するようになってから約半年、随分足が真っ直ぐになりました。足全体の形

記事を読む

妊娠中の酷い便秘を解消するオリゴ糖で、妊娠中の体重管理を乗り切る!!

妊娠してから人生初めての便秘体質になってしまった私・・・色々試しましたが、有機プルーンを毎食後食べる

記事を読む

これは凄い!!運動パフォーマンス維持と筋肉痛予防に効くサプリメント BCCAとは!?

激しい運動後に起こる筋肉痛は辛いですよね。筋肉痛が長引くと練習も億劫になるしパフォーマンスも上がりま

記事を読む

ピラティスに通えない妊婦さんも必見!! 骨盤底筋の鍛え方

妊婦さんが骨盤底筋を鍛えると妊娠中に起こりやすくなる尿漏れの防止だけでなく、骨盤の歪みがなくなり姿勢

記事を読む

自分で出来る股割り(開脚)器具レッグストレッチャーを見つけました

ピンチです今日いつものようにストレッチジムに行ったら店舗改装のため5月いっぱいでジムが閉店するとのこ

記事を読む

おっぱいの詰まりを防止する、母乳過多の人のためのハーブティーを飲んでみました

先日乳腺炎になってしまい母乳育児の大変さを痛感したばかりです。私の場合赤ちゃんが飲んでくれる以上に母

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

30代・40代にもお勧め 落ち着いた上品なオータムネイルデザイン

8月も終わりに近づき朝と夜は少し涼しい日もちらほら。次回はいつネイルが

30代・40代にもお勧め 落ち着いたブルー&グリーンのブロックネイル

暑い毎日が続くとやっぱり爽やかなネイルが恋しくなります今回は少し落ち着

大人向けネイルデザイン エレガントピーコック

前回のネイルから時間が空いてしまってネイルが剥がれてしまいました綺麗に

ハンドネイルが出来ないママにもお勧めのフットネイル 爽やかなブルーのフラワーアートデザイン

産後初めてのネイルでとても気分がアガったので、足ならお姑さんにもそんな

赤ちゃんを傷つけない産後のネイルケア ママも上手にネイルを楽しんじゃいましょう♪

産後1ヶ月検診を終えて少しずつ外出する機会が増えてきました。とは言え赤

→もっと見る

  •  
PAGE TOP ↑