白髪防止の美髪サプリメントはコレ

ビオチンってご存知ですか??ビオチンとは、ビタミンBの一種。皮膚炎を予防するサプリメントです。皮膚だけでなく美しい髪に欠かせないコラーゲンの生成にもビオチンは一役買っています。ぴかぴか (新しい)

真の美しさは3H

これ私の持論なんですが、3HのHとは髪(hair)・肌・歯の事です。表面的なものを整えるのも大事ですが、この3つが綺麗な方は皆さんとても上品でお育ちが良く見えるのですハートたち (複数ハート)

DSC_0919

私は髪の毛が多く、凄く太いです。パーマをかけたり染めたりしたことがないのでとても健康な髪の毛です。でも33歳の誕生日に見つけてしまったんです・・・・。枝毛だって見たことなかったこのあたくしの頭に・・・「白髪」が一本生えてきたのです泣き顔

すぐにインターネットで調べて「白髪予防のサプリメント」を発見double exclamationそれがビオチンだったのです。髪の毛の美しさにも気をつかってこそ「三十路の美容」グッド (上向き矢印)

早速クリニックに行ってビオチンを処方していただきました。白髪予防のためにお願いしたのですが、こちらも保険適応だったのでとってもお安く手に入りました。クリニックによっては自費になることがあるので事前に問合せをしてみるといいかもしれません。ビオチンはアトピーの治療薬としても処方される事もあるようで「皮膚や髪を健やかに保つ」ための救世主なのですね。1日3回毎日飲んでいますが、その後白髪は発見されていませんわーい (嬉しい顔)

ビオチンのサプリメントは無味無臭の粉末です。癖がないので飲みやすいです。髪の毛のコラーゲン生成と言えば、ビオチンだけでなくコラーゲンランプマシンもオススメです黒ハート

ビオチン

関連記事

鼻うがいに初挑戦!ハナノア 洗浄器具+専用洗浄液で花粉症対策してみました。

これから本格的な花粉症のシーズンがやってきますね。花粉症&鼻炎持ちとしてはつらい季節になりますテレビ

記事を読む

混ぜて炊くだけで、簡単にカロリーオフご飯が出来るマンナンヒカリで無理のない減量を目指す

母乳育児を始めてから食欲が止まらない私。毎日の食事の量も半端ではありません作る食事の量も増えていて、

記事を読む

妊娠34週の赤ちゃんの大きさと母体の体重

本日は2015年最初の妊婦検診でした。妊娠34週の赤ちゃんの大きさは標準通り、重さは2378gでした

記事を読む

悪阻(つわり)で食欲がない時でもしっかり栄養が取れる、お勧めの食品をご紹介

今日は両家の挨拶を済ませてきました。だんだんと悪阻がひどくなり、臭いにも敏感になってきました。エレベ

記事を読む

しみ予防のための美肌サプリメントをご紹介します

シミ予防・美白のために普段から私が飲んでいるサプリメントをご紹介します。こちらのサプリメントもプラセ

記事を読む

乳首が小さい・扁平・陥没などのお悩みに強い味方 乳頭吸引器 

妊娠30週を過ぎたあたりから妊婦健診の度に乳首をチェックされるようになりました元々乳首があまり大きく

記事を読む

運動不足解消には「マタニティヨガ」がお勧めです

安定期にも入り体重増加と共に便秘・むくみが酷くなってきました妊娠する前までは毎月100キロ以上走って

記事を読む

妊婦さんにお勧めの持ち歩きに便利な軽量ステンレスボトル

妊婦になってからカフェインを取らないようにしているのですが、ふとのどが渇いた時に自動販売機でノンカフ

記事を読む

ボトックスによる多汗症治療とその種類について

脇の下の汗を抑える為にボトックス注射をしてから2週間経ちますが、相変わらず脇の下はサラサラです脇汗を

記事を読む

妊娠中の体重管理の重要性 食事にはメリハリを付ける事が大事です!!

妊婦さんの悩みの一つでもある体重管理。私の通っている産婦人科でも検診の度に体重管理の事を言われます私

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

30代・40代にもお勧め 落ち着いた上品なオータムネイルデザイン

8月も終わりに近づき朝と夜は少し涼しい日もちらほら。次回はいつネイルが

30代・40代にもお勧め 落ち着いたブルー&グリーンのブロックネイル

暑い毎日が続くとやっぱり爽やかなネイルが恋しくなります今回は少し落ち着

大人向けネイルデザイン エレガントピーコック

前回のネイルから時間が空いてしまってネイルが剥がれてしまいました綺麗に

ハンドネイルが出来ないママにもお勧めのフットネイル 爽やかなブルーのフラワーアートデザイン

産後初めてのネイルでとても気分がアガったので、足ならお姑さんにもそんな

赤ちゃんを傷つけない産後のネイルケア ママも上手にネイルを楽しんじゃいましょう♪

産後1ヶ月検診を終えて少しずつ外出する機会が増えてきました。とは言え赤

→もっと見る

  •  
PAGE TOP ↑