デコルテニキビにオードムーゲを試してみたら劇的に改善しました 1ヶ月後の経過状態

マラソンの練習でユニフォームがデコルテに擦れてしまい、その上汗で蒸れて大量に出来てしまったデコルテのニキビげっそり (顔)そのうち治るだろうと思っていましたが気になって触ってしまうため中々治りませんでした。しかしオードムーゲを使用したら少しずつ症状が改善してきたため、継続して1ヶ月使用してみました~ひらめき

オードムーゲ使用前

デコルテニキビ

中央に吹き出物が集中しています。お風呂のあとにオードムーゲをコットンに含ませてデコルテを拭き取ってから寝ていました。朝もふき取りをしていたので一日2回使用しました。それ以外は特に何もしていません。

オードムーゲ使用後 2週間目

デコルテニキビにオードムーゲ使用 2週間後

随分改善しましたが、まだ中央部にニキビが目立ちます。夏になるまでに何とか改善したかったので朝・晩2回のふき取りを継続しました。もったいないので拭き取ったコットンで顔や首も拭き取りしていましたひらめき

オードムーゲ使用後 4週間目

デコルテニキビオードムーゲ使用1ヶ月後

1ヶ月使用したらかなり綺麗になりましたわーい (嬉しい顔)流石消毒うれしい顔お肌を清潔に保つということがいかに大切かが分かりました指でOK500mlの大きいものを購入したので暫く活用できそうです。夏は汗もかくし、日焼け止めも沢山塗るのでお肌に負担がかかりますものね~。いやぁ~、コストパフォーマンスも効果もかなりお勧めですねるんるん (音符)

オードムーゲ ローション 中身

*思春期ニキビはホルモンバランスが問題なのでオードムーゲだけで完治は難しい事もあります。改善しない場合は早めに皮膚科を受信してくださいね。

オードムーゲ 500ml 薬用ローション

関連記事

妊娠11週~妊娠38週のお腹の変化

妊娠38週に入り益々お腹がパッツンパッツンになってきましたもう完全におへそがなくなり今にも裂けそうな

記事を読む

入浴時にベビーオイルを使って乾燥肌を劇的に改善出来ます

乾燥が気になる季節、お風呂場でのケアは欠かせません。乾燥が気になる時期に使っているのはこちらの入浴剤

記事を読む

泥で全身を洗ってみたらツルツルになりました

良いと言われるものは取り敢えずなんでも試してみる私東急ハンズでサンプルを貰ったモロッコ生まれの粘土(

記事を読む

食べ物から生まれた化粧品SKINFOOD(スキンフード)ウォーターベリー ゲルマスクの使用感

仕事の合間に自分用のお土産コスメをゲットです。最近日本でもルミネなどで見かけるようになった韓国ブラン

記事を読む

ハンドクリームとオーガニックコットン手袋で手荒れ・乾燥を防ぐ

手の綺麗な友人が使っているハンドクリームを教えてもらって試してみました。色々と香りはあったのですが、

記事を読む

冬の乾燥肌ケアを格安にする裏技

コラーゲンランプで定期的にお肌をケアしているので、冬でもそこまで乾燥は辛くないけれど、乾燥肌はシワの

記事を読む

汗、水に強くベタつかない超安価なオススメ日焼け止め

夏の日差しからお肌を守るため、日々日焼け対策をしている私です。夏場は汗と皮脂で顔がテカリがちなのです

記事を読む

デコルテニキビにオードムーゲを2ヶ月間使用したら、こんなに綺麗になりました!!

マラソンによる衣類のスレで酷くなってしまたデコルテのニキビにオードムーゲを使用しています。2ヶ月前か

記事を読む

コラーゲンの美容液のお風呂でお肌とバスタブがツルツルに

純度100%のコラーゲン風呂に浸かってみたいと思いませんか??コラーゲンメーカーが開発した入浴剤があ

記事を読む

蒸れと水虫から足を守るパンプス用5本指ソックスがオススメ

女性の水虫発症率は70%だって知っていましたかクラスの半分以上の女子が水虫持ち・・・。考えただけで気

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

30代・40代にもお勧め 落ち着いた上品なオータムネイルデザイン

8月も終わりに近づき朝と夜は少し涼しい日もちらほら。次回はいつネイルが

30代・40代にもお勧め 落ち着いたブルー&グリーンのブロックネイル

暑い毎日が続くとやっぱり爽やかなネイルが恋しくなります今回は少し落ち着

大人向けネイルデザイン エレガントピーコック

前回のネイルから時間が空いてしまってネイルが剥がれてしまいました綺麗に

ハンドネイルが出来ないママにもお勧めのフットネイル 爽やかなブルーのフラワーアートデザイン

産後初めてのネイルでとても気分がアガったので、足ならお姑さんにもそんな

赤ちゃんを傷つけない産後のネイルケア ママも上手にネイルを楽しんじゃいましょう♪

産後1ヶ月検診を終えて少しずつ外出する機会が増えてきました。とは言え赤

→もっと見る

  •  
PAGE TOP ↑