古い角質を落として、キスしたくなるぷるりん唇になる

公開日: : スキンケア・コスメ

ガサガサした唇をプルプルにしたい!!ガサガサ唇の原因は、唇に溜まった古い角質なんです。リップクリームで潤いだけ与えても「かさつき」「くすみ」「縦ジワ」はなくならないんです。
今までは唇の皮がふやけたものを無理やりティッシュでこすったり、引っ張ってはがしたりしたこともありますが、血が出てきてしまったりして余計に汚くなってしまっていました失恋

ガサガサ唇をぷるぷるにするために「唇ピーリング」を試して見ることにしました。こちらに決めた理由はただ一つ。クチコミが凄く良かったんですハートたち (複数ハート)

DSC_1014

はちみつは唇を潤してくれ、レモンエキスはくすんだ唇を明るく、シュガースクラブでツルツルにしてくれます。
使い方は簡単ひらめき指先に適量を取り、円をくるくる書きながら唇を軽くマッサージします。その後3分~5分ほどそのままにした後、ティッシュで軽く拭き取ります。溜まっていた角質や皮がズルリと取れるのがわかりますよ~黒ハート

唇ピーリング 中身

シュガースクラブが甘いのでぺろっと舐めたくなる衝動を抑えなくてはいけませんが、使用した後は唇に艶が出てとピンクになっています。縦ジワが気にならなくなり、リップクリームや口紅のノリも良くなります。スクラブがべとついて少々取り辛いですが、最後の仕上げに濡らしたティッシュで拭き取ると上手く取れますわーい (嬉しい顔)

もうすぐクリスマスプレゼントキスしたくなる唇は今からでも作れますよ~double exclamation是非お試しあれわーい (嬉しい顔)

トレンドホリック リップピーリング 8g

関連記事

毎日でも使いたい1日あたり68円のコラーゲンパック「MIGAKI ハンミフェイスマスク コラーゲン」がオススメ♪

毎日でも使える格安でお勧めのフェイシャルパックをご紹介します韓国製品だからなのか??ドラッグストアで

記事を読む

BBクリームはもう古い??ランコムレネルジーM CCクリームを使ってみました

女性なら一度は聞いたことがある「BBクリーム」。最近はその進化系の「CCクリーム」なるものがあるのは

記事を読む

妊婦もブライダルエステがしたい!!当日のお肌をキレイに見せるシェービングをしてきました

妊娠してから大好きだったエステは封印してきましたが、挙式が近づくにつれて少しでも綺麗に見せたいという

記事を読む

韓国コスメ 雪花秀(ソルファス)美白スキンケア商品を買ってみました♪

今日は韓国出張最終日、自分へのお土産として雪花秀(ソルファス)を購入しました。雪花秀(ソルファス)は

記事を読む

ドクターフィッシュで足の角質をツルツルにする?!

ドクターフィッシュってご存知ですか??人間の角質を食べてくれるというコイ科の小さなお魚の事です。温泉

記事を読む

デコルテニキビにオードムーゲを試してみたら劇的に改善しました 1ヶ月後の経過状態

マラソンの練習でユニフォームがデコルテに擦れてしまい、その上汗で蒸れて大量に出来てしまったデコルテの

記事を読む

蒸れと水虫から足を守るパンプス用5本指ソックスがオススメ

女性の水虫発症率は70%だって知っていましたかクラスの半分以上の女子が水虫持ち・・・。考えただけで気

記事を読む

汗、水に強くベタつかない超安価なオススメ日焼け止め

夏の日差しからお肌を守るため、日々日焼け対策をしている私です。夏場は汗と皮脂で顔がテカリがちなのです

記事を読む

冬のガサガサ唇を改善するリップクリーム

寒くなってくると乾燥が辛いですよね。今日は冬場に使っているリップトリートメントをご紹介します

記事を読む

妊娠11週~妊娠38週のお腹の変化

妊娠38週に入り益々お腹がパッツンパッツンになってきましたもう完全におへそがなくなり今にも裂けそうな

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

30代・40代にもお勧め 落ち着いた上品なオータムネイルデザイン

8月も終わりに近づき朝と夜は少し涼しい日もちらほら。次回はいつネイルが

30代・40代にもお勧め 落ち着いたブルー&グリーンのブロックネイル

暑い毎日が続くとやっぱり爽やかなネイルが恋しくなります今回は少し落ち着

大人向けネイルデザイン エレガントピーコック

前回のネイルから時間が空いてしまってネイルが剥がれてしまいました綺麗に

ハンドネイルが出来ないママにもお勧めのフットネイル 爽やかなブルーのフラワーアートデザイン

産後初めてのネイルでとても気分がアガったので、足ならお姑さんにもそんな

赤ちゃんを傷つけない産後のネイルケア ママも上手にネイルを楽しんじゃいましょう♪

産後1ヶ月検診を終えて少しずつ外出する機会が増えてきました。とは言え赤

→もっと見る

  •  
PAGE TOP ↑