ダイエット中でも外食を楽しみましょう

公開日: : フード・健康食品

ダイエット中だからって外食を我慢することなんて無いんですdouble exclamation女子力の高い同僚はお弁当を作ってきたりする子も居ますが、営業職の人は会社でお昼をたべられなかったりしますし何より面倒くさかったりするわけです・・・。1日に1回はどうしても外食になってしまう私がよく使うのが「大戸屋」です。都内の大きめの商業ビルには大概はいっていますよね~。

大戸屋のメニューには全てカロリーと塩分が記載されていて、健康志向の女性にはうってつけです。しかもご飯も無料で白米から五穀米に変更出来るというのもポイントが高いところです黒ハートご飯大盛りだけでなく少なめオーダーも出来ちゃうんです。しかも20円引きしてくれる指でOK

四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食 830円(税込)

カロリー649kcl(白米の場合は657kcal)・塩分4.4g

四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食

ご飯は五穀米に変更してもらいました。白米から五穀米に変更するとカロリーは8kcal少なくなりますよ~。見て下さい、この大盛り野菜グッド (上向き矢印)備え付けのかつおのタレにつけて頂きます。

四元豚と野菜たっぷり蒸し鍋

大戸屋のポイントカードは525円でひとつ押してもらえて、15個貯まるとなんと定食1食が無料になるんですよハートたち (複数ハート)全国共通だから有難いですよね。メニューも沢山あり、季節ごとの限定メニューも楽しめるので、和食好きなら何度通っても飽きることがありません。

大戸屋ポイントカード

もうこのポイントカードも何枚目か分からないくらい通っています手 (チョキ)店内は全席禁煙で女性のおひとり様が多いのも通いやすい理由ですあっかんべー

関連記事

夏バテ撃退 野菜と果物のスムージーレシピ

今日も暑くて食欲があまりなかったので朝食にスムージーを作りました。今日は野菜を入れて更にヘルシーにヨ

記事を読む

妊婦さんにお勧めの持ち歩きに便利な軽量ステンレスボトル

妊婦になってからカフェインを取らないようにしているのですが、ふとのどが渇いた時に自動販売機でノンカフ

記事を読む

夏バテに負けない おすすめ栄養満点スムージーレシピ

まだ5月だというのに30度超えだなんて耐えられない暑くなると大好きなご飯にも興味が無くなってきてしま

記事を読む

運動前にVAAMを飲めば効率よく脂肪燃焼させる!?

どうせカロリー消費するなら効率よく消費したいですよね。くすり屋さんで一押ししていたこちらの商品

記事を読む

妊娠中のむくみを軽減するためのアイデア③ むくみ解消をするフレーバーティー

デパートの催事会場で見つけたフレーバールイボスティー妊婦さんはカフェイン入りのドリンクは飲めないので

記事を読む

女性の加齢臭対策! バラの香りのサプリメントを使ってみました。

加齢臭は男性だけのものではないって知っていましたか??女性も年齢を重ねると加齢臭が発生するそうですニ

記事を読む

もずくを食べて体重&体調管理をしています

最近お酢にはまっているのですが、何か効果的な摂取方法は無いかなぁ~と試行錯誤しておりましたお酢を使っ

記事を読む

妊娠中でも飲めるノンカフェインのフレーバーティーFortnum&Masonを買ってみました

妊娠が分かってからカフェンを取らないように心がけて生活しているのですが、意識してみると日常口にするも

記事を読む

台湾風菜食料理「健福(チェンフ-)」に行ってきました

健康オタクの友人から紹介されて台湾の本格的素食レストラン健福(チェンフ-)に行ってきました。「素食」

記事を読む

高島屋限定販売の万田酵素ビューティープラスプレミアムが飲みやすい

夏にはめっぽう弱い私。とにかく食欲が無くなり夏バテしてしまうんです。食欲のないときはスムージーを作っ

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

30代・40代にもお勧め 落ち着いた上品なオータムネイルデザイン

8月も終わりに近づき朝と夜は少し涼しい日もちらほら。次回はいつネイルが

30代・40代にもお勧め 落ち着いたブルー&グリーンのブロックネイル

暑い毎日が続くとやっぱり爽やかなネイルが恋しくなります今回は少し落ち着

大人向けネイルデザイン エレガントピーコック

前回のネイルから時間が空いてしまってネイルが剥がれてしまいました綺麗に

ハンドネイルが出来ないママにもお勧めのフットネイル 爽やかなブルーのフラワーアートデザイン

産後初めてのネイルでとても気分がアガったので、足ならお姑さんにもそんな

赤ちゃんを傷つけない産後のネイルケア ママも上手にネイルを楽しんじゃいましょう♪

産後1ヶ月検診を終えて少しずつ外出する機会が増えてきました。とは言え赤

→もっと見る

  •  
PAGE TOP ↑