マラソンは意外とお金がかかるスポーツ??

公開日: : マラソン ,

今月末に出場するマラソン大会のエントリー票が届きました走る人2月の大会で自己新記録を出してから気が抜けたのかちょっとサボリ気味だったので残り2週間、気合をいれて練習しなければ行けませんねdouble exclamation

マラソン大会エントリー票

10キロの大会ばっかりなのでちょっと飽きてきたな~・・・。思い切ってハーフに出ようか、一気にフルマラソンに挑戦しようか迷っておりますあせあせ (飛び散る汗)こうやって皆ランニングホリックになっていくんですね。「道具がいらないしどこでも出来るから」という理由で流行り始めたマラソンですが、意外にお金もかかるし、時間も取られるので誰でも出来そうでそうでも無いのがジョギングなんです。シューズなんて足の為にきちんとしたものを選ぶと1万円~2万円はしてしまうし、機能性タイツも1万円以上するものが殆どです。タイムや脈を計測してくれる時計なんかは4万円以上するものもありますげっそり (顔)ウェアを揃えたり、サプリメントや日焼け止め、日々のランニングステーションの利用料を考えたら学生じゃちょっと厳しいですよね。

私は早朝走ることが多いのですが、6時に起きて朝食を食べ、10キロほど走ってシャワーを浴びて出勤するまでに2時間半かかります。残業が多い人は朝の2時間半なんて少しでも長く寝ていたいですよねあせあせ (飛び散る汗)マラソン人口の多くが30代、40代なのはそれなりに時間が取れて、ウェアにもお金がかけられる人が多いからなんでしょうね指でOK

美しさを保つ事にはお金がかかるというのは悲しいほど体感しているけれど、健康維持にもお金がかかるのか・・・バッド (下向き矢印)頑張って働かねば・・・・。

関連記事

今季マラソンの集大成、駅伝大会に出場してきました

2月~大会に参加して、何とか今までモチベーションをキープし続けてきました。そろそろ日差しが強くなって

記事を読む

ランニングステーションを活用して快適にランニング♪

今皇居ランってものすごく流行っていますよね。でも皇居までランニングウェアで移動するのも恥ずかしいし、

記事を読む

今年2回目のマラソン大会(10km)に参加してきました

今年2回目のマラソン大会です前回のチョコランとは違い今回は結構本気モードでございます。高低差が激しい

記事を読む

多摩ロードレース大会に参加してきました

本日今年3回目のマラソン大会に出てきました~朝から雨風が凄くて心の中で「中止にならないかな」なんて思

記事を読む

給水の代わりに給チョコしてくれるマラソン大会に参加してみた

去年からブームに乗って走り始めた私。自他共に認める「飽き性」なので定期的に新しいマラソングッズを買っ

記事を読む

イチローも使っているCW-Xとスプリングブレードを履いて早朝トレーニングしてきました

先日買ったばかりのスプリングブレードで早朝トレーニングです早起きして(といっても6時半)仕事の前に汗

記事を読む

これは凄い!!運動パフォーマンス維持と筋肉痛予防に効くサプリメント BCCAとは!?

激しい運動後に起こる筋肉痛は辛いですよね。筋肉痛が長引くと練習も億劫になるしパフォーマンスも上がりま

記事を読む

アディダスのUPF50+のジョギングウェアで紫外線からお肌を守る

女子にとってランニングウェアもおしゃれの一つですよね。先日購入したスプリングブレードに合わせてピンク

記事を読む

アディダスの新作「スプリングブレード」は早く走れるのか

健康維持と肩こり解消のために始めたジョギングも随分慣れてきて、時々大会にも出るようになりましたジョギ

記事を読む

マラソン初心者におすすめのシューズと5本指ソックス tabio

去年から思いつきでランニングデビューした私。それまで「運動靴」なんて履いたこともなかったので取り敢え

記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

30代・40代にもお勧め 落ち着いた上品なオータムネイルデザイン

8月も終わりに近づき朝と夜は少し涼しい日もちらほら。次回はいつネイルが

30代・40代にもお勧め 落ち着いたブルー&グリーンのブロックネイル

暑い毎日が続くとやっぱり爽やかなネイルが恋しくなります今回は少し落ち着

大人向けネイルデザイン エレガントピーコック

前回のネイルから時間が空いてしまってネイルが剥がれてしまいました綺麗に

ハンドネイルが出来ないママにもお勧めのフットネイル 爽やかなブルーのフラワーアートデザイン

産後初めてのネイルでとても気分がアガったので、足ならお姑さんにもそんな

赤ちゃんを傷つけない産後のネイルケア ママも上手にネイルを楽しんじゃいましょう♪

産後1ヶ月検診を終えて少しずつ外出する機会が増えてきました。とは言え赤

→もっと見る

  •  
PAGE TOP ↑